ダイヤの留め方 | 名古屋で手作り結婚指輪を選ぶポイント

HOME » 手作り結婚指輪のポイント » ダイヤの留め方

ダイヤの留め方

色々あるダイヤの留め方

ダイヤの留め方には、色んな方法があります。婚約指輪の場合、爪ありの方法でダイヤが留められることが多いです。ダイヤをより立体的に見せることができ、ゴージャスな印象を与えることができます。もちろん爪なしの方法で、ダイヤを留めている婚約指輪も少なくありません。
結婚指輪も婚約指輪の留め方とほとんど同じですが、日常的に用いるものをと考えると、婚約指輪と同じ留め方をしているものを選ぶのは考えものです。

立て爪とカテドラルセッティングと伏せ込み

婚約指輪でよく見かけるダイヤの留め方が、「立て爪」と呼ばれるものです。爪4本~6本でダイヤモンドを留めることにより、ダイヤの輝きを増幅させます。ダイヤを高い位置に持ち上げて両脇を留めるやり方は、「カテドラルセッティング」です。ただし「立て爪」「カテドラルセッティング」を結婚指輪に用いると、ダイヤが物に引っかかりやすくなるので要注意です。
結婚指輪に用いるのなら、「伏せ込み」がおすすめです。ダイヤの周りを地金で囲み、埋め込むようにして留める方法を言います。

ベゼルセッティングとテンションセッティング

ベゼルセッティングとは、ダイヤを留めるための台を作り、伏せ込む形で留める方法です。爪なしの留め方ではありますが、爪ありと同じように華やかに演出することができます。
地金が持っている張力(引き合う力)を利用して、ダイヤを留める方法を「テンションセッティング」と言います。左右の地金だけでダイヤを支えているので、ダイヤが浮いているように見えます。地金に溝を作り、溝部分にダイヤを挟み込む留め方を「はさみ留め」と言います。ゴージャスな結婚指輪を探しているのなら、おすすめの留め方です。

レール留め

「レール留め」は読んで時のごとく、電車のレールのように地金の間にダイヤを留める方法です。結婚指輪でよく見かける手法で、人気も高いです。
ダイヤの留め方について全てを把握するのは、簡単ではありません。でもどういうデザインの結婚指輪を希望しているのかがハッキリしていれば、何も難しく感じる必要はないでしょう。